イカなどの食材でアレルギー症状が起きたらザイザルを

イカは焼いたり煮たりして食べると美味しいですが、人によってはこの食材にアレルギーがあります。
口に入れるとかゆみなどを発症するので注意が必要です。
国内ではイカのアレルギーの発症例は多く、アレルギーの原因の上位に入っているほどです。
アレルギーの中でも重症なアナフィラキシーショックを起こしやすくなっています。
アレルギーを持つ方がイカを食べると、口の周囲や中が真っ赤にただれて、腫れあがったり、強いかゆみを感じることもあります。
喉や食道が痛んだり、かゆみが起きるなど、いかが胃に達するまでに通った箇所にも、異変を感じたりします。
胃の中で消化される過程での腹痛、嘔吐なども起こるので、食べないようにしなければなりません。

もし食べてしまい、症状が起きた場合は、ザイザルなどの抗ヒスタミン薬を服用すれば、症状を抑えられます。
イカのアレルゲンの主な成分は、筋肉に含まれるタンパク質のトロポミオシンです。
仮性アレルゲンであるトリメチルアミンオキサイドも含まれているので、これがアレルギーを誘発するともいわれています。
イカにはアニサキスが寄生していることもあるため、アニサキスにアレルギー反応を起こすこともあります。
アレルギーを予防したいなら、食べないことが一番ですし、食べた場合はザイザルを飲むようにしてください。
エビやカニに含まれるアレルゲンと、イカのアレルゲンは交差抗原性があるため、イカがダメな人は、エビやカニの食材にもアレルギーがある人がほとんどです。
食品によるアレルギーは長年の蓄積により、突然発症する人もいます。
昨日までは平気だったのに、いきなり具合が悪くなることもあります。
そんなときはザイザルを服用すれば、症状が治まるので、体調が落ち着いたら、もうその食材は食べないようにしましょう。