コンドームや遅発性のアレルギーに効果のあるザイザル

ゴム手袋などの天然ゴム製品に触れた際に、蕁麻疹やぜんそく、呼吸困難などを発症したりすることがあります。
重度の場合はショック状態にもなるアレルギー反応のことをラテックスアレルギーといいます。
日本では現場でゴム手袋を使用する医療関係者に多いと言われています。
手袋以外にも避妊具のコンドームに触れたときに、かゆみなどのアレルギー症状が起きる場合があります。

そんなときはザイザルを服用すれば、アレルギー症状を抑えられるので、ゴム製品に触れて、かゆみなどが起きたら試してみてください。
ラテックスアレルギーは接触から15分以内に起こると言われています。
即時型アレルギー反応を示すので、自分がゴム製品に対してアレルギーを持つかどうかがわかりやすくなっています。
ゴム手袋を使った後に、湿疹ができるなどの症状を起こす場合は、遅発性のアレルギー反応になります。
これは接触皮膚炎なので、ラテックスアレルギーとは別の病気になります。

フルーツはラテックスアレルゲンと交差抗原性を持つため、果物の食物アレルギーの人はラテックスアレルギーになりやすいのです。
そのためラテックス・フルーツ症候群とも呼ばれています。
ラテックス・フルーツ症候群を引き起こしやすい食品には、バナナやキウイ、メロン、アボガド、栗、トマト、ジャガイモなどが知られています。
コンドームでアレルギーを起こしやすい人は、素材に天然ゴムを含まない、ポリウレタン製のコンドームを使用するとよいでしょう。
アレルギーを発症したときに早く治したい場合は、即時型や遅発性のアレルギーに効果のあるザイザルを服用することをおすすめします。
遅発性のアレルギーは、かなり時間が経ってから症状があらわれます。
何が原因なのかがわからないことがありますが、ザイザルを使えば症状を抑えることが出来ます。