ネックレスでのアレルギーと製薬会社が発売のザイザル

デパートやショッピングセンターなどにある雑貨店をまわっていて、新発売の可愛いネックレスを見つけたら、つい手に取ってしまうこともあるでしょう。
そのままレジに持って行きたくなるものですが、金属アレルギーの人の場合はためらってしまうかも知れません。
金属アレルギーの人は、すべての金属に対し、かゆみや腫れなどのアレルギー症状が起きるわけではありません。
しかし、下手にネックレスを選ぶと、あとで後悔することになるでしょう。

蕁麻疹が出来たり、腫れたりする場合は、ザイザルなどの抗ヒスタミン薬を使えば、症状を抑えることが出来ます。
ザイザルは金属アレルギーや食品アレルギー、花粉症やハウスダストによる皮膚炎や蕁麻疹、くしゃみ、鼻水などの各種アレルギー症状に効果がある薬です。
抗アレルギー薬として、グラクソ・スミスクラインという製薬会社から発売されています。
アレルギー症状に効果のある薬はザイザル以外にも、さまざまな会社から発売されています。
個人輸入代行通販で探して、いざというときのために購入しておくと安心です。
金属アレルギーはタンパク質に反応して起こるため、肌に銅やニッケルなどの金属が直接触れてもアレルギーはでません。
金属から溶けだした金属イオンが、汗などの体液のタンパク質に反応して起こるのです。
ゆえに汗をかく夏の時期や運動をするときなどは、ネックレスをしないようにすれば、金属アレルギーによるかゆみが起きにくくなります。

皮膚科などの医療機関へ行けば、パッチテストが受けられます。
自分がどんな金属に対してアレルギーがあるのかを調べたいときは、試してみるとよいでしょう。
どんな材質に弱いかがわかれば、ネックレスを選ぶときにそれを避けて買えます。
最近はアレルギー対策用のアクセサリーも売られているので、それを選ぶのも良いでしょう。