花粉症の女性とザイザル

小児も服用可能なザイザルシロップとは

子供が花粉症で苦しんでいるのを見ると、保護者としては、早く何とかしてあげたいと思うものです。
ザイザルシロップがあれば、くしゃみや鼻水などの症状を抑えられるので、病院へ行って処方してもらうようにしましょう。
ヒスタミンH1受容体拮抗作用を持つザイザルシロップは、アレルギーによって引き起こされる、さまざまな症状を改善する薬です。
錠剤タイプのザイザルと違い、小児でも服用可能となっています。
ザイザルシロップのイメージ製薬メーカー大手のグラクソ・スミスクライン株式会社が製造販売しています。
有効成分レボセチリジン塩酸塩が、アレルギー性鼻炎を始め、蕁麻疹や湿疹、皮膚炎等の治療に用いられます。
ザイザルシロップは、無色澄明のシロップ剤です。

もちろん成人でも服用可能で、通常1回5mgを、1日1回就寝前に服用するだけで効果があります。
年齢や症状に応じて、適宜増減されますが、1日の最高服用量は10mgなので、それ以上飲んではいけません。
7歳以上15歳未満の小児は、成人の半分の1回2.5mgを1日2回、朝食後および就寝前に服用します。
1歳以上7歳未満の小児は、1回1.25mgを1日2回、朝食後および就寝前に服用するようにしてください。
生後6ヵ月以上1歳未満の小児は、1回1.25mgを1日1回の服用を定められていますが、詳しくは医師や薬剤師に確認するようにしましょう。

ザイザルシロップを飲み忘れた場合は、気がついたときにすぐ1回分を飲まなければなりません。
しかし、次の服用時間が迫っている場合は、忘れた分は飲まずに1回分を飛ばすようにし、2回分を一度に飲むのはやめましょう。
誤って多く飲んだ場合は危険なので、医師や薬剤師に相談しましょう。
医師の指示がないのに、自分の判断で飲むのを止めるのも避けてください。

アレルギーを改善するザイザルのメカニズム

ザイザルは日本の臨床現場において最も使用されている抗アレルギー薬の1つです。
この薬はセチリジンという抗アレルギー薬を元に開発された薬です。
セチリジンはザイザルが発売されるずっと前からジルテックのジェネリック医薬品として販売されていました。
ただセチリジンはラセミ体と呼ばれるものであり、S体とR体が両方存在していました。
このS体とR体では薬効が異なり、R体の方が薬効が強いことが分かっていました。
そこでR体だけの状態にした商品がザイザルという商品なのです。

ザイザルはアレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、アトピー性皮膚炎などに使用されています。
アレルギー性鼻炎の中でも有名な花粉症の症状をザイザルが抑えるメカニズムがあります。
花粉が体内に入って、それが異物だと認識されると、肥満細胞が脱顆粒されヒスタミンなどが放出されます。
このヒスタミンが全身に存在するH1レセプターにつくと鼻炎、結膜炎といった症状が現れます。
ザイザルの有効成分のレボセチリジンはH1レセプターに覆いかぶさり、ヒスタミンが引っ付くことができなくします。
これによってヒスタミンの体への作用が遮断され、結果として花粉症の症状を改善、予防します。

ザイザルは花粉症の症状が出てしまった後でも症状改善効果が得られます。
より花粉症の症状を弱くするためには花粉が飛散し始める前から継続服用することが効果的であるという研究結果が得られています。
スギ花粉症であれば、2月ごろから毎年本格飛散が始まります。
ですから1月の中旬ごろから服用を開始しておけば本格的な花粉症シーズンの3月、4月を快適に過ごすことができます。
ぜひ予防投与も試してみて下さい。

ザイザルはドラッグストアでは買えない

ザイザルは日本でも世界各地でも広く使用されている抗アレルギー薬です。
ザイザルは抗アレルギー薬の中でも抗ヒスタミン薬という種類の薬です。
抗ヒスタミン薬は、一般用医薬品ではなく医療用医薬品に分類される薬です。
よって調剤薬局で処方しなければこの薬を購入することができなくなっています。
このことからザイザルはドラッグストアでは販売できない医薬品といえます。
市販薬のザイザルという薬は存在しないのです。

ドラッグストアしかし、調剤薬局を併設したドラッグストアであれば購入は可能です。
そのような店舗では調剤薬局の受付でザイザルを購入することができるのです。
医師の処方箋が必要だろう、と思う人が多いでしょうが、そういうわけではありません。
実はザイザルは医療用医薬品の中でも、処方箋医薬品以外の医薬品という分類に属しています。
この種の薬に関しては医師の発行した処方箋がなくても購入することが可能なのです。
もし欲しい方がいらっしゃれば調剤薬局の窓口に相談してみましょう。

また、最近ではweb上で個人輸入代行通販サイトを使って海外の医薬品が購入できる方法も存在します。
本来であれば、病院などの医療機関で処方してもらうか前述したドラックストアなどで購入するしかありません。
しかし、海外の医薬品を個人で輸入する場合であれば処方箋などが必要なく購入できるのです。
忙しい方にとっては、手軽に医薬品を購入でき、ジェネリック医薬品ならさらに安く手に入れることができます。
気になる方は、一度インターネットで情報を集めてみると良いでしょう。
ザイザル以外でも抗アレルギー薬を試してみたい方にも手軽に購入できるのでオススメできます。
抗アレルギー薬を有効に活用し、花粉症シーズンを乗り切りましょう!

おすすめ記事